初心者ボクシング上達講座 コンビネーション編 ワンツーフックボディーの打ち方とコツ

ボクシング

キッドです。

今回は、初心者の為のボクシング上達講座 コンビネーション編

ワンツーフックボディーをお伝えします。

 

 

ワンツーフックボディーとはワンツーの後に左フックを打ち

最後に左ボディーを打つコンビネーションです。

 

ワンツーのような直線的なパンチと左フックのように横からのパンチと

下への攻撃、左ボディーを組み合わせた色々な角度から打つコンビネーションになります。

 

 

 

スポンサーリンク

ワンツーフックボディーの打ち方

出典:「https://pixabay.com/ja/」
構えた状態からまずジャブを出します。そしてジャブを引くと同時にストレートを出します。

両方のパンチとも肘が横に開かないように前方へまっすぐに拳を突き出し、

当たる直前に拳を立て方向から横方向に返して、にぎり込みます。

 

そして同じ軌道のままもとに戻します。そして、ストレートを出した後に左フックを打って、

最後に少し踏み込んで左ボディーをを打ちます。

 

one two hook body

 

初めはゆっくりでいいので軌道と打ち方を覚えて下さい。

慣れてきたら、スピードを意識します。早く打って早く戻す。

 

この時に体はリラックスして肩の力は抜いて下さいね。

何度も繰り返し練習してください。鏡を見ながらパンチを打つ位置は基本的にワンツーは

自分の顔(鼻と顎の間、口くらい)を目がけて、

 

左フックはホッペタ下のアゴを目がけて、ボディーはお腹を目がけて打ちます。

 

これが基本的なワンツーフックボディーの打ち方です。

 

 

踏み込みながらのワンツーフックボディーの打ち方

次は踏み込みながらのワンツーフックボディーの打ち方を覚えましょう。

相手との距離が離れている時はパンチが届きませんよね?

 

その場合、相手にパンチが当たる距離まで踏み込んでパンチ打つのです。

 

踏み込みながらのパンチを重点的にお伝えしているのは、

まず最初は相手とは距離があるからです。

そこから近づいて初めてパンチが当たるのです。

しかし、ゆっくりと近づいたら相手は離れますので

そこで踏み込んで相手が離れる前に打つのです。どのパンチにも共通しています。

 

踏み込みながらのワンツーフックボディーの打ち方は

右足で地面を蹴り、左足を踏み込み前方に一歩進んでワンツーフックボディーを打ちます。

 

パンチが届かない状態からパンチが届く距離まで踏み込んで

ワンツーフックボディーを当てるのです。

 

右足で地面を蹴ると同時にワンツーフックボディーを突き出してください。

この動作を何度も繰り返します。一歩踏み込んでワンツーフックボディーを打つ、

 

また一歩踏み込んでワンツーフックボディーを打つと動作を繰り返し練習して下さい。

 

慣れてきたら全体のスピードを上げて下さい。

 

踏み込んでからのワンツーフックボディーが打てるようになります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ワンツーフックボディーの打ち方のポイント

 

1.ワキは開かないようにまっすぐ打つ。

ワキが開くと相手からパンチが避けられやすくなりますので

まっすぐワキが開かないようにジャブ・ストレート(ワンツー)を打ちます。

boxing one two hook body sandbag

2.パンチが当たる瞬間に拳を握り、打つ前は力を抜いておく。

力が常に入るとスピードが落ちるので。当たる瞬間だけ力を入れて打ちます。

 

3.素早く打って素早く元の位置に打った軌道のまま戻す。

遅いワンツーフックボディーは当たりません。

慣れたらどんどんスピードを早くして打つようにして下さい。

打った後は打つ前の位置にパンチを出した軌道のまま戻して下さい。

 

4.パンチのつなぎ目の時には必ず反対の手はガードをしておく。

ジャブの時は右手はガード、ストレートの時は左手はガード、

左フックの時は右手はガード、左ボディーの時は右手はガードを必ず意識して下さい。

 

5.ワンツーと左フックと左ボディーの距離に気をつける。

ワンツーは直線のパンチに対し、左フックと左ボディーはヒジを曲げて打つので、

当然、距離が違います。ワンツーフックボディーの時のワンツーの距離はいつもよりも短いので、

距離を必ず意識して下さい。

通常のワンツーの距離で左フックや左ボディーを打つと相手に当たりません。

 

6.ジャブとストレートと左フックと左ボディーのつなぎ目を早くする。

ワン・ツー・フック・ボディーではなくワンツーフックボディーとジャブを打ったら

素早くストレートを打ち、左フックを打ち、そして素早く踏み込んで左ボディーを打って下さい。

つなぎ目が遅いとコンビネーションになりません。

 

7.ストレートを打った反動で左フックを打ち、再度、腰入れて左ボディーを打つ。

左フックを打った時は腰は右に回っていますから、

そこから再度、腰を入れて左ボディーを打ちます。

 

8.全部のパンチを振り切らないでパンチを切るように打つ。

パンチを振り切るとコンビネーションを繋げる事が難しくなります。

パンチが当たるインパクトを意識して、コンビネーションをスムーズに繋げて下さい。

 

9.左フックを強く打ち、顔に意識を集中させる

左フックを強く打って、相手の注意を顔面に引き付けてガードを上げさせます。

お腹が空いたところに左ボディーを打ち込みましょう。

 

 

まとめ

 

今日はコンビネーションのワンツーフックボディーの打ち方を解説しました。

ワンツーフックボディーはボディーを絡めた、

上と下のパンチの組み合わせの中で基本のコンビネーションです。

 

また、ワンツーフックから通常の左ボディーではなく

ソーラープレキサスブローを打つ事もできますので

使い分けて打ってみて下さい。

 

このコンビネーションが上手く打てるようになるとボクシングやってるー!!って

気分になりますよ(笑)

 

ワンツーボディーフックを覚えましょう。

初心者の為のボクシング練習講座 コンビネーション編 ワンツーボディーフック

 

それではまた次回お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました