初心者ボクシング練習講座 コンビネーション編 右から左アッパー

ボクシング

キッドです。

 

今回は、初心者の為のボクシング練習講座

コンビネーション編 右ストレートから左アッパーをお伝えします。

 

右ストレートから左アッパーとはその名の通り、

右ストレートを打って返しの左アッパーを打つコンビネーションです。

 

ボクシングは通常ジャブからコンビネーションや攻撃を仕掛けますが、

このコンビネーションはいきなり右ストレートから入ります。

 

いきなり右のパンチを打つので少し難易度が高いコンビネーションになります。

しかし、きちんと練習すれば必ず打てるようにし使えるコンビネーションです。

 

それではさっそく打ち方をみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

右ストレートから左アッパーの打ち方

構えた状態からいきなり右ストレートを打ってすかさず左アッパーを返します。

 

一回目の右ストレートを見せておくという形で二発目の左アッパーで当てて効かせます。

右ストレートを見せておくという形ですが、腰はしっかり入れておきます。

 

しっかりと腰を入れておく事で左アッパーを打つ為のタメができますので

左アッパーをおもいきり打ちましょう。

 

最初の右ストレートを単発でいきなり打つという動作が難しいです。

しかし、慣れれば必ず打てるようになりますので、練習あるのみです。

 

このコンビネーションは右ストレートから左アッパーで終わらせずに

左アッパーからの最後に右ストレートを返しても

3つのパンチを打つ非常に良い使えるコンビネーションになります。

boxing straight upper

このコンビネーションを打つ時はバランスを崩しがちになりますので、

必ずバランスを意識しましょう。

 

 

 

右ストレートから右アッパーからの左フックの打ち方

構えた状態からいきなり右ストレートを打ってすかさず、

右アッパーを打ちます。

右のダブルのコンビネーションから左フックを返します。

 

一回目の右ストレートを見せておくという形で

二発目の右アッパーと三発目の左フックを当てて効かせます。

 

右ストレートを見せておくという形ですが、腰はしっかり入れておきます。

 

いきなり右ストレートを打って当たるのかと思いがちになりますが、意外と当たるものです。

 

もしくは右ストレートが当たらないとしても二回目の右アッパー、

もしくは三発目の左フックが当たりやすいです。

 

最初の右ストレートを打って戻すときにしっかりとアッパーのタメを作って

二発目の右アッパーを打ってさらにしっかりとタメを作って左フックを返しましょう。

boxing straight upper punching bag

このコンビネーションを打つ時もバランスを崩しやすいので必ずバランスを意識しておきましょう。

フラフラとならないように気を付けて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

打ち方のポイント

1. 強弱をつけて打つ。

それぞれのパンチを全部強く打つ必要はありません。

一発目は強く打たないで、二発目、三発目を強く打って当てるようにしましょう。

 

2.反対の手は必ずガードをしておく。

思わぬ反撃を喰らう恐れもあり、カウンターをもらう可能性がありますので

パンチを打っていない反対の手は必ずガードしておきましょう。

 

3.右ストレートを打つ時極力モーションが無いように

右ストレートを打つ時時にモーションが無いように素早く打ちましょう。

これが相手に当たる事で相手はビックリします。

または当たらなくても素早いパンチだとビックリします。

 

4.右ストレートを打った反動で左アッパーを打つ

右ストレートを打った時腰が入ってますので、

その反動で左アッパーをおもいっきり素早く打ちましょう。

相手を仕留めるつもりで打ちましょう。

その為にも最初お右ストレートは見せておく形ですが、しっかりと腰を入れましょう。

 

 

いきなりの右がうまく打てない時は?

右ストレートはワンツーだとジャブの引く動作があるので

その反動を使いツー(右ストレート)を打ちやすいのですが、

いきなりの右ストレートだとジャブを引く動作がないので難しいのです。

 

どうしてもいきなりの右ストレートが難しい場合は、

腰を入れた右ジャブという感覚で打ってみて下さい。

 

上手く打てるかもしれません。

 

僕の場合はこの方法である程度打てるようになりました。

 

 

 

まとめ

 

いきなり右から入るコンビネーションをお伝えしました。

 

このコンビネーション使えるようになると、

コンビネーションの幅がさらに増えて攻撃パターンが増えます。

 

別のパターンの右からのコンビネーションはこちらの記事をご覧下さい

初心者ボクシング講座 コンビネーション編 ストレートから左フック

 

右から入る事によって通常、相手は攻撃が

ジャブからくるものだと思っているはずなので

いきなり右からパンチする事によって奇襲の効果があります。

 

非常に有効な攻撃手段です。

相手と駆け引きで見合い状態になっている時など有効です。

 

左からのコンビネーションと上手く使い分けて、

色々なコンビネーションを打ちましょう。

 

コンビネーションはたくさん使える方が絶対に有利に戦えます。

 

ではまた次回お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました