初心者ボクシング上達講座 パンチ編 ソーラープレキサスブローの打ち方とコツ

ボクシング

キッドです。

今回は初心者の為のボクシング上達講座 パンチ編~左ボディー

(ソーラープレキサスブロー)をお伝えしていきます。

 

 

まず左ボディー(ソーラープレキサスブロー)とはどういうパンチか説明します。

名前だけ聞いてもよくわりませんよね。

 

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)とは左手(左利きの人は右)を構えた状態から

縦下から孤を描くように相手のお腹(みぞおち)を目がけて突き出すパンチです。

 

みぞおちをめがけて打つので(ソーラープレキサスブロー)と言います。

よく胃を狙ってうつストマックブローと混同されるのですが、

 

ストマックブローが胃(内臓)を狙うのに対し、

ソーラープレキサスブローはみぞおち(内臓ではない)を狙いますのでパンチの種類が違います。

 

ジャブやストレートとは違い肘を曲げたまま打つので距離が近いパンチになります。

 

効果としてはタイミングよく、当たりどころが良ければ大ダメージも与えられ、KOもできます。

 

レバーブローが積み重ねるパンチに対して、即効性があるパンチになります。

 

レバーブローの打ち方はこちら!

 

 

スポンサーリンク

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方

 

構えた状態から腰を左側にひねって回転させタメを作り、さらに少しヒザを曲げてしゃがみます。

腰をひねって作ったタメを利用し腰を回転させ戻しながら

左手を縦下から孤を描くようにヒジを曲げたまま、

相手のお腹(みぞおち)を目がけて打ち抜きます。

 

boxing left body stomach

 

みぞおちを狙って打つのでソーラープレキサスブローとも言われます。

 

打ち方は左アッパーに似ています。左アッパーは顔を目がけて打ちますが、

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)はしゃがみ

 

相手のお腹(みぞおち)を縦から突く感覚で打ちます。

 

左アッパーの打ち方はこちら!

 

 

最初はゆっくりでいいので打ち方を覚えて下さい。慣れてきたら素早く打って素早く戻します。

 

体はリラックスして肩の力は抜いて下さいね。鏡があれば練習しやすいです。

 

鏡を見ながらパンチを打つ位置は基本的に自分のお腹です。

 

これが基本的な左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方です。

 

 

 

踏み込みながらの左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方

 

次は踏み込みながらの左ボディー(ソーラープレキサスブロー)を覚えましょう。

 

相手との距離が離れている時はパンチが届きませんよね?

その場合、相手にパンチが当たる距離まで踏み込んでパンチ打つのです。

 

特に左ボディー(ソーラープレキサスブロー)を時は素早く踏み込み、

一瞬で相手に近づいて近づいた瞬間にすぐ打ちます。

 

踏み込みながらの左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方は

右足で地面を蹴り、左足を強く踏み込み前方に一歩進んで少ししゃがみ

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)を打ちます。

 

パンチが届かない状態からパンチが届く距離まで踏み込んで

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)を当てるのです。

 

強く早く踏み込む事を意識して下さい。

 

慣れてきたら全体のスピードを上げて下さい。パンチにキレがでます。

 

踏み込んでからの左ボディー(ソーラープレキサスブロー)が打てるようになります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方の重要なポイント

 

1.ヒジの開く角度に気をつける。

ヒジの開く角度は90度くらいを保って下さい。

開き過ぎたり、縮まり過ぎたら、力が伝わりません。

boxing left body stomach sandbag

2.パンチが当たる瞬間に拳を握り込み、打つ前は力を抜いておく。

力が常に入るとスピードが落ちるので。当たる瞬間だけ力を入れて打ちます。

 

3.素早く打って素早く元の位置に打った軌道のまま戻す。

遅い左ボディーは当たりません。慣れたらどんどんスピードを早くして打つようにして下さい。

打った後は打つ前の位置にパンチを出した軌道のまま戻して下さい。

 

4.右手は右側面全てをガードする。

左ボディーを打った時、右手は右側面を全てガードするように右手を置きます。

拳はこめかみくらいの位置まで上げます。

 

5.腰の回転を意識する。

腰の回転を意識して、しっかりと腰を入れる事で威力が強い左ボディー

(ソーラープレキサスブロー)を打つことができるようになります。

 

6.かなり近づかないと当たらない。

相手の反撃を恐れて中途半端な距離でパンチを出しても当たりません。

勇気を持って近づいて打ちましょう。

 

7.みぞおちをめがけて打ち抜く。

狙いは急所のみぞおちです。狙って適格に打ちましょう。

 

まとめ

 

今日は左ボディー(ソーラープレキサスブロー)の打ち方を解説しました。

 

左ボディー(ソーラープレキサスブロー)はタイミングよく、

当たりどころが良ければ大ダメージを与えられ、KOもできます。

 

みぞおちは急所になり、打たれると呼吸困難になります。

 

また、みぞおちは神経がたくさん集まっていますので、

その場に思わず座ってしまう程の激痛が走ります。

 

さらに上下のパンチのコンビネーションを打ち分けることで

攻撃のバリエーションがさらに増えます。

 

このパンチにも嫌な記憶があります。もらうと、本当に息ができなくなってしまうのです。

鍛えようがないのでどうしようもないです。

 

とにかくもらわないように気をつけましょう!!

 

即効性で絶大な効果がありますので是非、練習して身に着けて下さい。

 

次は右ボディーの打ち方を覚えましょう!

初心者の為のボクシング上達講座 パンチ編~右ボディー

 

それではまた次回お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました